オメガ3はコレステロールを下げて健康の入口へのサポートを!

オメガ3とは


オメガ3
一般に美容や健康の単語としてDHA,EPAやコラーゲンなどは、とく耳にすることがありますが、このオメガ3とは一体なんなのでしょうか、このオメガ3は体内でも
作ることが出来ない脂肪酸なのです。特別な脂肪酸になります。人間の体は細胞から出来ていて、この細胞を作るための重要な働きをしているのがオメガ3なのです。
このオメガ3には脂質濃度を下げてコントロールする力があります。もちろん(脂質脂肪が下ると悪玉コレステロールも減少)して、最悪の成人病を回避することも出来るのです。

コレステロールは体内の脂質が高くなると増え始めます。この悪玉コレステロールは増え始め、血管の壁面にへばりつき、血管の機能を奪うことになるのです。
血管壁を詰まらせて、血流も悪くなり、血管の圧力も高くなります。高血圧を発症し、それにより血管も傷つき穴があき、破れる切れる等もあります。それが血栓、梗塞に移行
することになります。経度から重症へ進むことになります。

きほんコレステロール値が増えると、悪玉コレステロールも増え、血管に負担を掛けることになります。次に動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの疾患へ進むのです。
健康診断で中性脂肪とありますが、この中性脂肪は(お腹に溜まる皮下脂肪や)肝臓に溜まる脂質です。それと血管の壁に蓄積もしていきます。オメガ3は、中性脂肪の値をさげる働きもしてくれるのでダイエットやメタボ対策にも繋がります。

このオメガ3にはDHA,EPAも含まれていて、この成分がコレステロール値を減少させることで、悪玉コレステロールが減少します。結果、血液サラサラで動脈硬化の予防
にもなり、健康を維持させるためには欠かせない成分になります。オメガ3は食物から摂取し、多くは魚、いわし、さけ、にしん等にも含まれています。他ではアーモンド
とかココナッツ、クルミ、大豆油からも摂取できるので、積極的に食べると健康を維持できます。

『ゆりかごから墓場まで』人生に欠かせないDHA&EPA

DHA&EPA

世界でも有数の長寿国といわれる日本です。そのポイントは、世界遺産にも認定された“魚と野菜を中心とした和食”にあるようですが、近頃では多くの食生活が欧米化し、肉類や油脂類を多く摂取するようになり、青魚を食べる機会がすっかり減ってきているようです。

それが体の不調を引き起こしている、原因の一つとも考えられています。では、なぜ魚が健康に良いのでしょうか?そのカギを握っているのが、青魚(イワシなど)の油に多く含まれているDHAやEPAです。

この2種類の栄養素は私たちの体に欠かせない大切な栄養素なのにもかかわらず、体内ではほとんど作ることができないため、毎日の食生活で積極的に取り入れることが大切です。DHA・EPAは肉の脂質とは違い、常温では固まらない性質を持つ『多価不飽和脂肪酸』が多く含まれているため、中性脂肪を減少し、血中コレステロールを低下させ、生活習慣病の予防・改善に役立つといわれています。

また、DHAは母体の中にいる胎児の時からすでに必要とされる栄養素で、実は脳の神経細胞の数が決まってしまうこの時期に、大きな影響を与えます。更に誕生後も乳児には母乳に含まれるDHAが不足していると、胎児や乳児の脳や体の発達に大きな影響を及ぼします。
DHAが不足すると、学習能力や記憶能力にも影響を与えるので、まさに『ゆりかごから墓場まで』。高齢者だけでなく、子供から大人まであらゆる年代の人にとって、非常に大切な栄養成分です。

DHAが多く含まれる魚や食品

DHAがどれだけ体にとって、よいものかはよく分かったのではないでしょうか。それでは、実際にDHAを摂取していこう!と考えたときに、どのようなものを食べていったらよいのでしょうか。これまで、さんざん魚に多く含まれているとお話ししてきましたが、それだけではどの魚を食べたらよいのかもわかりませんよね。ここでは、DHAが多く含まれる魚や食品を紹介していきます。

 

dha1-1

まず、お魚からです。
お魚では、イワシ、さば、あじ、クロマグロなどに多く含まれています。その中でも、特に青魚に多く含まれているようですね。カツオは秋のものの方が多く含まれます。マグロも赤身よりかはトロの部分に多く含まれます。要するに、脂が多い方がよいということですね。

お魚の食べ方としては、お刺身が一番おすすめです。というのも、調理中にDHAが流れ出てしまうからです。全てを摂取しようと思ったら、生のままがおすすめです。それから、蒸し料理や煮込み料理などもよいでしょう。

調理によって、魚油が出てしまいますから、その汁までも最後まで食べられるような調理方法がいいですね。あまり栄養価が高くなさそうな缶詰もおすすめです。缶詰でしたら、料理が面倒なときでも手軽にDHAを摂取することが出来ますね。

また、DHAの摂取のポイントとしては、酸化を防ぐような栄養と一緒に摂取するとよいです。DHAは脂肪酸ですので、非常に酸化しやすい栄養です。ですので、βカロテンを含む緑黄色野菜や、ビタミンEを多く含むゴマなどと一緒に食べることをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ